FC2ブログ

NoKaOi English





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

6週間検診、そしてありがとうキャサリン :: 2011/12/03(Sat)

昨日りあと私の6週間検診に行ってきました。
これで助産師さん、キャサリンとは最後のアポイントになるので
私は複雑な気持ちでした。
2月中旬に妊娠が発覚してから、今年一年ほとんどの月一回、
出産が近づいてきたら週一回としょっちゅう会っていたので
さみしくなるなあと思っていたのです。
しかも私とキャサリン誕生日も12/16で同じ日なんです。

DSC_0418_convert_20111204075458.jpg

これは私の大好きなキャサリンの写真です。
りあが産まれてすぐの体重を測っている写真です。

昨日プレゼントがあるのと渡してくれました。
それはなんと一冊のファイルでした。

DSCN5894_convert_20111204075527.jpg

私の妊娠中の毎回の検診の記録から、出産までの記録を
キャサリンの目からみたらものです。

キャサリンが言ってくれたことは、''あなたはあなたなりの妊娠、出産の
ストーリーがあるけれど、これは私からみたあなたの妊娠のストーリーよ''と
言って渡してくれました。この写真は検査の記録しかのっていませんが、
それ以外に毎回の検診で私がどんな様に感じていたなど
つづってあります。

これをもらった瞬間涙が止まりませんでした。
私の血糖値が高くなった時、食事制限でなんとか大丈夫に
なり一緒に涙を流して喜んでくれたこと、長いお産のしんどさを
和らげてくれたこと、りあが産まれてよくがんばったとほめて
くれたり、黄疸での緊急入院で一緒に病院に来てくれて
私たち新米夫婦を支えてくれたことなどなど本当に
思い出がいっぱいです。
私がこの妊娠、出産で欲しかった助産師さんとの絆が
実現しました。
いつも毎回ハグで始まり、ハグで終わる検診、最初は
違和感がありましたが、そのハグの強さも次第に強くなり
昨日は窒息するくらい痛かったんです(笑)
それほどお互いに信頼感が持てて本当にキャサリンを選んで
よかったと思います。

ありがとう、キャサリン。
スポンサーサイト
  1. 赤ちゃん
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<パスポート | top | Meal Train>>


comment

とても良い人に巡り会えましたね。
アメリカで出産した友達に聞くと、出産も長引くとドクターが変わったり、産後もナースがコロコロ変わって落ち着かなかったと聞いたので、こういうのいいなぁ~と思いました。でも私は自然分娩はもう勘弁(^^;)エピしてくれるこういう人(ミッドワイフなの?なんていうの?)いるのかなぁ~。ちょっと調べてみようと思います。
  1. 2011/12/03(Sat) 21:26:28 |
  2. URL |
  3. Chie #-
  4. [ 編集 ]

Chieさん
りあが黄疸で入院したときに初めてアメリカの病院にお世話になりましたが、本当三日間で何日看護婦さん変わったんだろうっていうくらい変わりましたよ。お医者さんも三日間違う先生でしたし、日本で同じお医者さんにみてもらうのに慣れているので、違和感を感じたし、本当に話伝わってる?って思いました。あとお医者さんと会うのは一日五分くらいで看護婦さんが何でもしている感じがしました。
助産師はミッドワイフですよ!ミッドワイフを使っている病院もあるみたいですが、お産の時間によってどのミッドワイフにあたるかわからないのが私は嫌だったんですよねー。私は次も自宅出産したいと思います(笑)お産中はもう何してもいいからだしてくれーって思ってましたが!!
  1. 2011/12/03(Sat) 21:37:46 |
  2. URL |
  3. Yoko #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nokaoienglish.blog7.fc2.com/tb.php/342-3bc5b17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。