FC2ブログ

NoKaOi English





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

Heart of a Samurai :: 2011/07/12(Tue)

またまたご無沙汰しています。
二月中に妊娠している事が発覚し、
つわりやなんやらであっという間に
夏がきてしまいました。

この夏は週四日しか働いていないので
少しは時間ができたので
またこれから少しずつブログを再開したいと思います。

最近読んだ本。

51Mo4TTVY5L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU01_

<画像はamazonからお借りしました>

この本はジョン万次郎についての本です。
日本にいた時からいつかジョン万次郎の本を読みたいと
思っていて探していましたがなかなか見つからず
アメリカで見つけました(笑)
ちなみに小学校高学年~の子供用の本ですが、楽しく読みました。

ジョン万次郎というと、1841年、14歳のときに乗っていた
漁船が難破し無人島へ漂流していたところをアメリカの
捕鯨船に助けられ、鎖国中の日本へは帰れなかった為に
捕鯨船の船長の住むアメリカ、マサチューセッツ州フェアヘブンへと
渡りしばらくそこで暮らし、
英語や海洋に関する知識を学び、後にそれを日本に伝えた人物。 
そして幕末に日米友好に貢献した人物でもある。

私が読みたかったのは、日本に帰ってきてからどうやって英語を
日本人に教えたかという部分でしたがこの本は難破から、万次郎が
日本帰国までの生活が主に書かれていました。
でもとっても面白かったです。

私の住んでいるバーモントの街から、万次郎が暮らしていた
フェアへブンまでは車で4時間くらいで行けるそうです。
ボストンからなら一時間くらいで行けるみたいです。

ジョン万次郎の足跡をたどる万次郎トレールというのが
あるそうで、いつか訪れてみたいです。


スポンサーサイト
  1. 紹介
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<オーノーーーー | top | ありがとうMax>>


comment

ジョン万次郎は日本の英語の元を築いた人物だと思います。
http://www.johnmung.info/
このページを見ると色々知れると思います。
日本人に英語を教えるのに色々苦労した話は聞いています。
確か、水をウオータと発音させる為に、藁とか綿と教えて
発音を覚えさせていたそうです。
此の頃の人物は興味深い人物が多いし日本をどうするか考えていた
人物が多い、幕末の物語は面白いと思う。
万次郎を読んでから違った人物を読むと面白いと思います。
  1. 2011/07/12(Tue) 20:32:02 |
  2. URL |
  3. 又兵衛 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nokaoienglish.blog7.fc2.com/tb.php/325-5c2fb4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。