FC2ブログ

NoKaOi English





キセキ、、、。 :: 2012/04/26(Thu)

3月は日本に行ったり、日本に行く前は準備や仕事でばたばた、
4月5日に帰ってきてからは、時差ぼけとホームシックで一週間ほど
体調戻すのにかかったと思ったら次は風邪。
頭痛(鈍痛)、鼻水、口の痛み、目の痛み、咳、嗅覚なし、味覚なし、高熱など
ひどいことになっています。明日の金曜でそんな状態から二週間になります。
とんだ4月です。
昨日やっと病院に行ったら、Sinus Infection(副鼻腔炎)というのに
なったらしいです。
まだ誰かにバットで殴られたような頭痛はなおりませんが、今日はどうしても
ブログに書きたくて久々にパソコンに向かっています。

今週悲しい事と嬉しいことが同時に起こった一週間でした。
私たちのご近所さんでもあり友人でもある友達が妊娠をしていて
その赤ちゃんが産まれてきて一時間半で亡くなってしいまいました。
10月に妊娠が発覚し、1月に性別判断をみてもらうために行ったエコー
(アメリカでは毎回の検診でエコーをしません。だいだい妊娠中1-3回くらいです。)
で、奥さんのお腹に羊水がないことが発覚しました。
お医者さんからは中絶をほのめかされ、無事に産まれたとしても
2,3分の命と言われたが、
この生きている命を途中であきらめるのはできないと
最後までできる限り育てるとその夫婦は決めはりました。
私たちはりあが産まれたばかりで、私たちには全く罪はないけれど
なんとなく同じ赤ちゃんつながりで、私たちは健康な赤ちゃんを産んで
すくすく育って何か悪い気持ちになりちょっと彼女たち家族と会うのが
辛い時もありました。普段はとっても明るい夫婦で社交的ででも
やっぱりこのニュース以来人と話すのが辛い時がある、、、と言っていました。
そして今週の水曜日予定よりもだいぶ早かったですが出産して
赤ちゃんと1時間半の貴重な時間を一緒にすごせたらしいです。
私たちが性別判断の時に1、2分の命だと聞かされていたらどうしていたのだろう?
でもこの友達夫婦はできる限り信じ続け、そしてたった1分でもいいからわが子に会いたいと
頑張ってつわり生活、妊娠生活を続け、出産もしわが子を抱きしめると決心したのは
本当に勇気のあることだしすごいと思います。なんとか元気に立ち直ってほしいです。
今私たちにできることは何かはわかりませんが、本当に悲しいニュースでした。

そして今日はマイクの幼馴染の今中国に住んでいる友達の赤ちゃんが
元気に産まれました。とっても嬉しいニュースです。

妊娠すること、出産すること、健康な赤ちゃんが産まれて来ること、
すべてキセキが重なりあって今私たちはここにいるんだなあと思いました。

りあが無事に五体満足で産まれて来てくれて、そして毎日すくすく育ってくれて
本当に有難いです。当然のことだと思いがちですがすべてが奇跡。
毎日毎日を感謝して大切にしていかないとと改めて思った一週間でした。



スポンサーサイト
  1. 赤ちゃん
  2. | trackback:0
  3. | comment:5